鳥羽・伏見の戦いで敗れた近藤勇のその後。最後は処刑されてしまう悲しい結末とは?

近藤勇率いる新選組が活躍した「池田屋事件」「禁門の変」「三条制札事件」はどんな事件だった?
2020年10月26日
石切丸 – 刀剣特集 – 日本の名刀をご紹介
2020年10月26日

鳥羽・伏見の戦いで敗れた近藤勇のその後。最後は処刑されてしまう悲しい結末とは?

錦絵「勝沼駅近藤勇驍勇之図」(1880年、東京江戸博物館蔵) PD from wikipedia

 

新選組局長として近藤勇は大活躍するよね。

けれど、慶応3年(1867年)の大政奉還から時代の流れは代わり、戊辰戦争に参加するものの「鳥羽・伏見の戦い」で敗れ、江戸へ戻ることになってしまうんだ。
今回は敗走した近藤勇の足取りをたどってみよう。

 

【新選組を「甲陽鎮撫隊」に改名する】

 

鳥羽・伏見の戦いで敗戦し、江戸に戻ることになった新選組は、江戸鍛冶橋門外(現在の東京都千代田区)に屯所を構えたよ。

この地に移った新選組は、幕府から現在の山梨県の治安維持である「甲陽鎮撫(こうようちんぶ)」を命じられ、鉄砲500丁、大砲2門、軍資金5000両を幕府や会津藩から与えられたんだ。
この時に近藤勇は「新選組」の名前を、「甲陽鎮撫隊」に変更したんだよ。

新撰組レモン
新撰組レモン
「新撰組」は知っていても「甲陽鎮撫隊」という名前は意外と知られていないかもですね。

 

【自らの名前も「近藤勇」から「大久保剛」に改名】

 

さらに近藤勇は自らの名前も「大久保剛(おおくぼたけし)」に改名。
土方歳三も「内藤隼人」と名前をえ変え、甲府へ進軍することになるんだ。

70名ほどまで減っていた隊士も、新規募集の兵を加えて200名ほどに増加。
しかし練度の低い隊士が多くなったことで統制が取れず進軍が遅れ、甲陽鎮撫隊が甲斐に到着した頃には、東山道先鋒総督軍によって甲府は制圧されていたんだ。

甲陽鎮撫隊は、甲府盆地の勝沼で板垣退助ら率いる土佐迅衝隊と戦うものの、壊滅的な打撃を受けて敗走してしまうの。

新撰組レモン
新撰組レモン
名前も変えて心機一転、巻き返しを図るのだ。

【隊士らとの別れ、そして流山で捕縛】

 

甲陽鎮撫隊は、板垣退助率いる新政府軍と交戦し、たちまち敗れ、ちりぢりになって江戸へ敗走したんだ。

敗走後、江戸に戻った近藤勇は八王子で江戸退去を宣言。
会津での再起を考えるものの、永倉新八と原田左之助らと意見が対立し、新選組立ち上げから共に行動してきた2人と別れることになるんだ。

 

甲府での敗戦で減った兵力を補充するため、甲陽鎮撫隊は江戸で隊士を募集し、総勢227名まで回復。
会津を目指して北上を開始したんだよ。
近藤勇は、この際に再び名前を改名。「大久保大和」に改め、下総国流山に駐屯。

新撰組レモン
新撰組レモン
また名前を変えるんだよ!

流山に屯所を構えたころ、新政府軍は江戸板橋宿に到着。
甲陽鎮撫隊が新政府軍を襲撃する計画があると知った、東山道先鋒総督軍大軍監・香川敬三は流山の屯所を急激して完全に包囲してしまうんだ。

近藤勇は、もうこれまでだと悟り、自刃することを決意するものの、土方に押しとどめられるよ。
そして、大久保大和の変名のまま、板橋の新政府軍総統府に捕縛されたんだ。

新撰組レモン
新撰組レモン
悔しいけど、ここまででしたわ。。。涙

【斬首の刑を受ける近藤勇の最期とは?】

 

新政府軍総統府に捕縛された近藤勇は「大久保大和」であると主張し続けるんだ。
しかし、元新選組隊士で御陵衛士に所属していた加納鷲雄や清原清の証言で身元がばれてしまい、新選組局長・近藤勇として裁かれることになってしまうの。

近藤勇の処分に関しては、彼を擁護する薩摩藩と、厳しい処分を望む土佐藩とで意見が対立。

 

土佐藩が近藤勇に厳しい罰を望んだのは坂本龍馬の暗殺が、新選組の仕業であると確信していたからだと言われているんだよ。

当時、土佐藩のヒーローとして知られていた坂本龍馬が近江屋で暗殺されたばかりで、その犯人は新選組のメンバーだと言われていたんだ。
土佐藩としては、近藤勇は故郷の有名人を暗殺した敵中の敵であったというわけ。

結局、土佐藩の谷干城が、薩摩藩の意見を押し切り、斬首が決定してしまうんだ。
この斬首という処刑は、武士としてありえない刑だったんだよ。

 

三条河原での晒し首の様子 PD from wikipedia

 

 

【処刑された近藤勇の首はどこに行った?】

 

慶応4年(1868年)4月25日、近藤勇は板橋刑場で横倉喜三次、石原甚五郎によって斬首されたよ。
この時、近藤勇は35歳だったんだ。

その首は、京都に送られ、三条河原で晒し首にされたんだ。
三条河原は、東海道の起点である三条大橋の近くにあって、江戸時代には三条河原=晒し首という代名詞だったほど。
その後、晒された首の行方は分からなくなったと言われているんだけど、首の行方説についていくつかの説があるんだ。

 

近藤勇の首の行方説は以下の通りだよ。

・三条河原で晒された後、東本願寺の嘆願で下げ渡され、東大谷に葬られた
・新選組・斎藤一が三条河原から奪い、愛知県・法蔵寺に埋葬した
・近藤勇の従兄弟・近藤金太郎が山形県米沢市・高国寺に葬った

いまだに、近藤勇の首の行方は分かっておらず、その真相は不明のままなんだ。

 

また遺体に関しても、不明な点が多いため、近藤勇の墓地は各地にあるんだよ。

東京都三鷹市の龍源寺、板橋の処刑場の近隣にあるJR板橋駅前にも永倉新八により建立された墓所があるの。
そのほか、山形県米沢市にある高国寺には、近藤勇の従兄弟が埋葬した墓もあるよ。

新選組の局長を務めた近藤勇の最後は何とも悲しい結末だよね。

 

新撰組レモン
新撰組レモン
切腹ではなく、斬首されてしまうなんて武士としては悔しいです!
新撰組レモン
新撰組レモン
土佐藩にとって、新撰組がやったと思っている坂本龍馬の暗殺がとっても大きかったんだね
新撰組レモン
新撰組レモン
墓所も至る所にあり、彼の首や遺体の場所の本当の真実はまだ分からないミステリーですな。