新撰組十番隊組長・原田左之助のトレードマークと言えば槍!新撰組唯一の槍の名手だったって本当?

新撰組十番隊組長・原田左之助は愛妻家で子煩悩だった?
2021年3月29日
新撰組最強の隊士は誰?剣術、実戦など部門別No1を徹底解説
2021年3月29日

新撰組十番隊組長・原田左之助のトレードマークと言えば槍!新撰組唯一の槍の名手だったって本当?

千鳥十文字槍 from wikipedia

 

新撰組十番隊組長をつとめた原田左之助は、新撰組幹部の中で唯一の槍の名手であったんだ。
ここでは原田左之助の槍やその流派についてまとめてみよう。

 

【原田左之助の槍の流派は何?】

 

原田左之助の槍術の流派は「種田宝蔵院流槍術」と言われているんだ。
これは自分で名乗った流派だったんだ。
種田流槍術と宝蔵院流槍術という2つの槍術流派は存在しており、それを組み合わせて種田宝蔵院流槍術としたんだよ。

 

原田左之助は、新撰組七番隊組長であった谷三十郎が開いていた大阪の槍道場で、種田流槍術を学んだよ。
そこでは免許皆伝の腕前だったと言われているんだ。
種田流槍術は、銅を多く使った造りで重量があるまっすぐな素槍を用いるのが特徴。
主に一対一の対決や、試合の形を重視した槍術になるんだ。

 

一方、宝蔵院流槍術は、奈良にある興福寺の僧・僧宝蔵院覚禅房胤栄が創設した槍術。
「突けば槍 薙げば薙刀 引けば鎌」という攻防に優れた十文字鎌槍を用いて戦うのが特徴だったんだ。

 

種田流槍術と宝蔵院流槍術では使用する槍の形がそもそも違うんだ。
そんな2つの槍術が合わさった流派というのは考え難く、左之助の種田宝蔵院流槍術というのは、左之助自身が名乗っていた流派であるという見方が一般的だよ。

 

千鳥十文字槍 from wikipedia

 

 

実際に左之助は、宝蔵院流槍術の得物である十文字鎌槍を使って戦っていたの。
自分の武術の基礎でもある種田流槍術に、見た目が派手で、機能性も高い十文字鎌槍を使用するというスタイルで戦っていたんだよ。

その姿はとても目立ち、幕末の乱世に腕っぷしを頼りに生きる左之助らしさを物語っているよね。
2つ流派の、技と得物を組み合わせて戦うアレンジをしていた原田左之助は相当な槍の名手であることが分かるよ。
ちなみに原田左之助は試衛館から上洛した8名の中では唯一の槍の使い手であったんだ。

 

新撰組レモン
新撰組レモン
有名な二つの流派を組み合わせて独自流派を名乗っちゃう!!

【戦う場所によって戦い方を変えていた?】

 

原田左之助が戦いに使っていた槍はかなり長いものだったんだ。
そのため、屋内での合戦の際には、長い槍では戦いにくく不利になってしまうの。
また走って追う時も、長い槍では持て余してしまうんだ。

そこで原田左之助は、池田屋事件のような屋内での戦いの際には、槍ではなく長めの刀を使って戦ったと言われているよ。
一方、屋外で行われた油小路の変の際には、槍を持って戦ったんだ。

種田流槍術の免許皆伝の腕前を持つ原田左之助は、戦う場所や状況に合わせて、槍と刀を使い分けて数々の戦闘を戦っていたんだね。
槍と刀を使い分けることで、戦いがより有利に運んでいったと推測されているよ。
左之助は新撰組がかかわった事件のほとんどに参加していることからも、その戦闘力の高さを物語っているよね。

 

新撰組レモン
新撰組レモン
槍も刀も使いこなす左之助は凄いね

 

【原田左之助が使っていた槍はあるの?】

 

原田左之助が実際に使用していた槍や刀、他の得物類は現存していないため、槍の形や銘も憶測の範囲になってしまうんだ。
原田左之助が使用していた槍はもちろん、彼の墓所もはっきりと分かっていないので仕方ないね。

 

池田屋事件の後、新撰組の隊士たちの刀剣の損傷具合を記録した「源龍斎俊永覚書」によると、池田屋事件では左之助は刀を使用していたため、槍についての情報はそこには記載されていないんだ。
その覚書には「江府住興友 二尺三寸七分 刃こぼれはばき元大二か所、物打小七か所」とあったよ。

 

また三条制札事件で土佐藩士と死闘を繰り広げた際にも原田左之助は刀を使用しているんだ。
西村兼文による「壬生浪士始末記」によると、左之助が使用していた刀は「三尺(約90㎝)計の長剣」と記してあったの。
その当時の刀の平均的な寸法は二尺三寸であったので、三尺の刀はかなりの長さがあることが分かるよね。

 

長い刀は重量があり扱いが難しいと言われているの。
普段から長重な槍を扱っている左之助は並外れた腕力があっとみられており、だからこそ長剣でも使いこなすことができたんだろうね。

 

慶応3年(1867年)11月18日に起きた油小路の変においては、原田左之助は槍を使って戦っているんだ。
相手であった御陵衛士・服部武雄の二刀流に苦戦を強いられたものの、原田左之助が取り出した槍で腹部の間合いの外から突いて、倒したと言われているの。

槍はリーチが長く刀相手の戦いでも間合いの外から攻撃しやすいんだ。その槍の特徴を分かって戦っているよね。
また槍は持っているだけでも目立つので、威嚇にも役立つよ。

 

新撰組レモン
新撰組レモン
名だたる手練れ相手でも槍と刀で倒してしまう!!
新撰組レモン
新撰組レモン
ほんとに凄い腕前だ〜!!