上ノ国 勝山館
2020年3月17日
鶴ヶ岡城
2020年3月17日

脇本城

公式ホームページへ

脇本城は秋田県男鹿市にある中世の山城で、国の史跡にも指定されています。
中世には安東氏の居城となった脇本城の創建時期は分かっていません。

天正5年(1577年)、檜山、湊の両安東氏を統一した安東愛季が、大規模な改修を行って居城したと言われています。
しかし、天正18年(1590年)の豊臣秀吉による奥州仕置から慶長7年(1602年)の佐竹氏による久保田城築城の間に廃城になりました。

脇本城の城跡は国の史跡に指定されており、続日本100名城にも選定されました。
脇本城は多数の曲輪、土塁、空堀、井戸跡など多数の遺構が残ります。
また発掘調査では当時使用していた陶磁器なども出土しています。

 

写真提供

wikipedia (PD, CC – 著作権名は画像に記載)

〒010-0342 秋田県男鹿市脇本脇本七沢外

 

脇本城は展望が素晴らしく、日本海を綺麗に望むことができます。
標高110mの山城である脇本城は、古くから男鹿半島を掌握する要害の地でありました。
その面積は140haもあり、規模として考えると東北最大級の城跡になります。

日本海に臨む比高80mほどの海岸段丘上に築かれているので、ロケーションは最高。
山城好きは一度は訪れておきたい城跡です。

国指定の史跡になっているので、綺麗に整備されており、郭群のすぐ真下まで車で行くことができるので山登りが苦手な方でも大丈夫!
駐車場の脇には案内所も設置されているので、ここで脇本城についてのパンフレットをもらって城巡りをすると分かりやすいでしょう。

ログイン

パスワードを忘れた場合