脇本城
2020年3月17日
米沢城
2020年3月17日

鶴ヶ岡城

公式ホームページへ

鶴ヶ岡城は山形県鶴岡市にあった平城です。
別名「大宝寺城」「大梵寺城」と呼ばれることもあり、鶴岡市街地のほぼ中心に位置しています。

江戸時代は庄内藩の藩庁があり、他の東北地方のお城と同じように土塁を多用しています。
石垣についてはほとんど用いられておらず、主要な部分のみ使っていたそうです。
また鶴ヶ岡城には天守は構えられず、本丸東北隅に2層2階の隅櫓と二の丸南西隅にも2層2階の隅櫓が建てられました。

現在、本丸・二の丸跡周辺は鶴岡公園となっていて、桜の名所でもあります。
日本桜名所100選にも選定されているので、春には花見客でにぎわいます。

鶴ヶ岡城の前身となった大宝寺城が最初に築かれたのは鎌倉時代初期のことです。

 

写真提供

wikipedia (PD, CC – 著作権名は画像に記載)

〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町4

 

鶴岡城址は現在、鶴岡公園として整備されています。
鶴岡公園は、山形県内有数の桜の名所です。

ソメイヨシノをはじめ、八重桜、枝垂桜など730本の桜が咲き乱れます。
美しい会場では例年催し物が行われます。
また鶴岡公園の園内には4月上旬から約100本のぼんぼりが飾られ、桜の開花に合わせてたくさんの出店がにぎわいます。
ぼんぼりに照らされて濠面に映る夜桜は非常に幻想的で美しいです。

また2010年に公開された映画「花のあと」のロケ地にもなりました。
「花のあと」は藤沢周平さんによる短編時代小説を原作とした映画です。
北川景子さんが主演した「花のあと」では鶴岡公園の満開の桜がとても綺麗に映っています。

ログイン

パスワードを忘れた場合