竹千代との人質交換にあった信長の兄・織田信広とはどんな人物なの?!
2020年7月7日
斎藤道三・織田信長が城主を務めた稲葉山城(現在の岐阜城)とは?
2020年7月8日

明智光秀の妻・熙子ゆかりの妻木城とは?美濃焼の産地でも有名?!

 

明智光秀の妻となる熙子(ひろこ)は岐阜県土岐市にあった妻木郷(つまぎごう)の豪族・妻木氏の娘だよ。

ここでは妻木氏が城主であった城山山頂に築かされた妻木城についてまとめてみよう。

レモン姫
レモン姫
熙子様は岐阜の土岐出身なんですね〜!

 

本丸の石垣 CC from wikipedia

 

【妻木城はどんなお城だった?】

 

妻木城は現在の岐阜県土岐氏に存在した山城で、岐阜県指定史跡にもなっているよ。

土岐市南部の標高409m、比高190mの城山山頂に築かれた妻木城は、妻木氏の居城として、時代とともに堅牢な城に整備されていったと言われているんだ。

妻木城の築城は、史料がないため定かではないものの、14世紀頃に土岐頼貞の孫・土岐明智彦九郎頼重が創建したと伝えられているよ。
城山山頂を中心に、約200m四方の範囲に、曲輪、石垣、土塁などの遺構が残されているんだ。

また、山麓には御殿と呼ばれる領主館と家臣の武家屋敷が築かれ1688年の妻木家が断絶するまで、陣屋として存続したと言われているよ。

 

現在は本丸、二の丸跡地に小さい神社が置かれていて、妻木城の登城口には駐車するスペースもあるよ。

石垣、曲輪、土塁などの遺構もきちんと整備されているので、城マニアはぜひ訪れておきいスポット。
麓の妻木城士屋敷から城山山頂までは比高差約200mあるから、登山靴に履き替えて登った方がよいよ。

山に囲まれたこの地域は、良質な土がたくさん取れたことから、古くから焼き物の産地としても有名だったよ。
妻木氏は領内での陶器の生産を奨励し、現在の織部焼、志野焼などに代表される美濃焼の基礎を作ったと言われているんだ。

 

将軍レモン
将軍レモン
美濃焼の礎はここの領地から作られ発展したんですね〜

 

【妻木城・城主であった熙子(ひろこ)の父・妻木広忠とは?】

 

戦国時代に入ると、明智氏の一族である妻木氏が、妻木城主となったんだよ。

妻木広忠は妻木城第12代目の城主になるんだ。
妻木家は明智家からの派生家であり、古くから明智家の重臣として仕えていたそう。

 

妻木広忠は、明智光秀の妻・熙子(ひろこ)の父であると言われているんだけど、明確な根拠となる資料はないんだって。
ただ「麒麟がくる」の中では、広忠の娘という設定になっているよ。

明智光秀が織田信長の家臣となると、妻木広忠は明智家の与力となって、たくさんの合戦にも出陣したんだ。

西教寺, 滋賀県大津市坂本 CC from wikipedia

 

1582年、本能寺の変の時には、妻木広忠は山崎の戦いに参戦していたものの、敗れて近江の坂本城へ逃げ込んだよ。
そして、西教寺に明智一族の墓を設けると、墓前で自刃したと言われているんだ。

将軍レモン
将軍レモン
明智一族としてお墓を作ってから墓前で自害したんだね。切ない。けど立派なり。

【明智光秀と美濃焼の関係とは?】

 

妻木城があった土岐市は、美濃焼の産地として有名だよね。

その当時、妻木氏は領内での陶器の生産を奨励したとも言われているんだ。
東美濃エリアは日本最大の陶磁器産地であり、茶道用の最高級茶器の産地として全国的にも有名。
多くの陶磁器の人間国宝を出しているよ。

 

光秀の主君であった織田信長は茶道を武家社会に広め、名物、名品を部下に下賜することで、天下統治の策としたんだ。
その最高級品を自分の勢力地であった東美濃エリアで作らせることで、大きな利益を得ようとしていたんだよ。

光秀は信長の茶頭で天下三宗匠の1人である茶人・今井宗久との交流も深めたんだ。
光秀は信長から名物を賜って、居城の坂本城では今井宗久と何度も茶会を開いたと言われているよ。

 

茶人としても知られている光秀は美濃焼との関係もあるんだね。
光秀が死去した後、坂本城落城の時には、娘婿である秀満が光秀が所蔵していた名品が焼けるのを惜しんで、城の下に美濃焼を投げて救ったという逸話もあるんだよ。

 

レモン姫
レモン姫
当時の名茶器は現在の億を超える価値があったとされるよね。それらを作っていた地ということもすごいことですよね♪
足軽レモン
足軽レモン
美濃焼は1978年7月22日に、通商産業省の伝統的工芸品に認定されているんだよ♪

 

将軍レモン
将軍レモン
天下三宗匠の1人である茶人・今井宗久はこちらの記事で特集紹介しているよ!
レモン姫
レモン姫
ちなみに妻木城は別名「乙姫城」とも呼ばれているんだよ♪

ログイン

パスワードを忘れた場合