明智光秀と足利義昭は裏でつながっていた?足利義昭が本能寺の変の黒幕であったという説もあるの?
2021年2月16日
本能寺の変ではいったい何が起こった?!その内容を徹底解説その1~本能寺の変5日前から前日までの動き~
2021年2月16日

明智光秀の盟友・細川藤孝はなぜ本能寺の変を起こした光秀の味方をしなかった?その理由を徹底解説

以心崇伝賛『絹本着色細川幽斎像』104.0 cm x 51.0 cm

 

「麒麟がくる」最終話で、光秀は本能寺の変を起こす前に細川藤孝と話をしているよね。

光秀の態度に不吉な予感を感じた細川藤孝は、毛利攻めをしている豊臣秀吉宛に文を送るんだ。

細川藤孝と光秀は、信長の重臣として深い絆があったけれど、結局本能寺の変を起こした光秀に対して細川藤孝は味方をしなかったよ。

ではなぜ、細川藤孝は光秀に味方しなかったんだろう?
ここでは細川藤孝と光秀の関係性と、光秀が細川藤孝に提案した計画についてまとめてみよう。

 

レモン姫
レモン姫
細川藤孝が豊臣秀吉にチクったんだな、こりゃ!!
足軽レモン
足軽レモン
光秀ちゃんが何かあるでぇ〜秀吉の旦那〜!って感じ??

 

【光秀と細川藤孝は盟友だった?その関係とは?】

 

明智光秀と細川藤孝は、ともに織田信長が天下統一をもくろむ過程で家臣となったので、後発の家臣であったんだ。
また光秀の娘である明智玉子(細川ガラシャ)は、細川藤孝の息子・細川忠興に嫁いだため、光秀と細川藤孝は縁戚関係でもあったんだよ。

 

明智光秀と細川藤孝の出会いは、室町幕府15代将軍・足利義昭の家臣時代なんだ。
光秀はこの当時、足利義昭に仕える幕臣として働いていたの。

一方、細川藤孝もまた、足利義昭の配下として、義昭の将軍就任に尽力していたんだ。
やがて細川藤孝は、三好氏らの脅威にさらされたことで、信長に助力を依頼。

その後、信長の家臣となるんだ。
細川藤孝との出会いによって、光秀は信長の家臣として召し抱えられるようになるよ。

 

光秀と細川藤孝は両者とも、元々は足利家に仕えていて、信長と義昭が対立したこと結果、信長に従ったという点も共通しているんだ。
2人は織田家の家臣としては同格であり、現代で考えると同僚的な立場だったと言われているよ。

 

レモン姫
レモン姫
共に同じ時を経た盟友だね!

 

【光秀は細川藤孝を自陣営に引き入れようと画策!光秀が細川藤孝に提案した計画とは?】

 

明智光秀と細川藤孝は、天下統一を目前にした織田家の中で、後発の家臣でありながら家内で大きな力を持つようになっていたよ。
しかし、そのタイミングで光秀は、本能寺の変を起こし、信長を討ち倒してしまうよね。

信長を討った光秀は、豊臣秀吉ら他の家臣たちの弔い合戦に備える必要があったんだ。
そこで、光秀は盟友であり親戚関係であった細川藤孝に対して、助太刀の要請をするよ。
この時点では、光秀は細川藤孝が自分の味方をしてくれるだろうと考えていたんだ。

 

しかし結果的には細川藤孝は光秀の味方をしなかったよ。

光秀が助太刀の要請を出す前に、細川藤孝親子は髷(わげ)を払って喪に服していたの。
つまりこれは、信長の死を悼んでいることを意味するんだ。

これを知った光秀は、細川藤孝に送った書状の中に怒りと焦りをにじませているよ。

送った書状は3か条で構成されていて、その内容は以下の通り。

・髷を払っていることに関しては腹立たしく思っているが、事が起こってしまったのでなんとか助太刀を願いたい
・助太刀の見返りとして摂津一国を用意。さらに希望があれば若狭一国も与える
・謀反を起こしたのは細川忠興の処遇をよくするためであり、数十日あれば近国を平定できる

このような内容の書状を受け取った細川藤孝は、明智家との絶縁を突き付けて、秀吉方に参戦するための準備を進めていくの。
後半はなぜ細川藤孝が光秀の味方をしなかったか?についてまとめてみよう。

 

将軍レモン
将軍レモン
細川ちゃんは、絶対にこっち側に来てくれると思っていたんだよ!
将軍レモン
将軍レモン
肝心なところでさっ!!
レモン姫
レモン姫
このハゲチャビンがー!!(by 光秀)

前半は明智光秀と細川藤孝の関係性や、光秀が藤孝に送った書状の内容をまとめてみたね。

ここからの後半は、なぜ細川藤孝は謀反を起こし主君・信長を討ち取った光秀の味方をしなかったのか?その理由についてまとめてみよう。

 

 

【なぜ細川藤孝は光秀の味方をしなかった?】

 

ではなぜ、細川藤孝は盟友であった明智光秀の味方をせずに、秀吉方についたんだろう。
その理由をいくつかまとめてみよう。

 

<光秀の根回しが不足していた>

光秀は本能寺の変を起こす前に、事前の根回しが欠けていたんだ。
細川藤孝に対しても、本能寺の変を起こす前に根回しをせずに、起こしてからその事を伝えるという時点で準備不足なことがよく分かるよね。

なんの相談もなしに謀反を起こし、協力するように言われてもそれに従うのは難しいもの。
いきなり主君への反逆を申しつけられた細川藤孝が、光秀を見限ってしまうのも納得だよね。

 

レモン姫
レモン姫
まぁ、バレないように、、、が裏目に出ちゃったか。

 

<光秀ほど細川藤孝は縁を大切にしていなかった>

光秀は細川藤孝とは周知の仲であり、親戚関係でもあったため、まさか細川藤孝が自分を裏切って敵になるということは考えていなかったんだ。

しかし、細川藤孝にとっては、息子・忠興の正室の実家が光秀だったとしても、それに関してはあまり重視していなかったの。
細川藤孝としては、光秀との関係性は「信長ありき」で成り立っていたと言われているんだ。

細川藤孝は義昭の幕臣として仕えていた時にも高い位に位置していたの。
しかし、光秀は幕臣としては決して高い位についていたわけではないんだ。

 

信長の家臣になってからは、細川藤孝と光秀は対等の立場になり対等に接するようになったけれど、光秀との姻戚関係も「織田家の家臣」としての関係性の延長上に位置していたと言われているよ。
つまり、細川藤孝が縁を結んでいたのは、「織田家家臣としての明智光秀」であって「明智光秀」その人ではなかったんだ。

足軽レモン
足軽レモン
光秀ちゃんは実はあまり眼中になかったのでしょうかな!笑

 

<光秀に味方しても勝てないと思っていた>

細川藤孝は、主君・織田信長を殺した謀反人である光秀には味方できないとして、助太刀を断っているよね。

しかしこれは表向きの理由で、本音では光秀に味方をしても生き残ることはできない…と判断したからとも言われているんだ。

細川藤孝は、羽柴秀吉や柴田勝家らに光秀は滅ぼされるため勝ち目はないだろうと考え、自らも光秀に味方したら細川家が滅びしてしまうと判断したと言われているよ。

 

レモン姫
レモン姫
心中は御免被りますわ!ですわ!!

 

【細川藤孝が本能寺の変を知った時の反応とは?】

 

細川藤孝が本能寺の変を知ったのは、事件翌日の6月3日のこと。

主君・信長の死を知った細川藤孝は、信長の死を悼むと称して「剃髪」して、当主の座を息子である細川忠興に譲って隠居したんだ。

細川藤孝は、光秀に義絶を通達し、大坂にいた織田信長の三男・織田信孝に忠誠を誓う使者を出したよ。
さらに忠興の正室である光秀の娘・たまを幽閉し、光秀からの使者を追い返したんだ。

6月9日には、光秀からの使者が再び訪れるものの、これを断固拒否したよ。

 

将軍レモン
将軍レモン
意外と剃髪もパフォーマンスだったかもですよ!

 

【細川藤孝は光秀が天下をとった際の秘策を考えていた?】

 

細川藤孝は、光秀は羽柴秀吉や柴田勝家など他の家臣に討ち取られて滅びてしまうと予想していたものの、もしも光秀が天下を取った場合の秘策を用意していたんだ。

それが幽閉した忠興の妻「ガラシャ(たま)」だよ。

ガラシャは光秀の娘であり、光秀が天下を取った際にはガラシャに光秀を説得してもらい、細川家を許してもらおうと考えていたと言われているの。
そこで、細川藤孝はガラシャを追放、処刑せずに山奥へ幽閉していたんだ。

ちなみにこのようなケースでは、通常であれば「妻を実家へ送り返す」のが当時の常識だったんだよ。
そのことからも、細川藤孝は秘策として考えていたことが分かるよね。

 

足軽レモン
足軽レモン
ガラシャ様はとっておきの秘策だったわけだ

 

山崎合戦の地 石碑 from wikipedia

 

 

 

【光秀VS秀吉の山崎の戦いでは細川藤孝はどうしていたの?】

 

では、光秀と羽柴秀吉の「山崎の戦い」では、細川藤孝は秀吉軍として参戦したのかな?

実は、徹底して反明智を貫いていたにも関わらず、細川藤孝は山崎の戦いでは羽柴軍の一翼担うこともなく、参戦すらしていないんだ。
細川軍は領国から一歩も動かなかったの。

 

その当時、細川家は丹後国(現在の京都府北部)の南部に拠点を置いていたんだけど、丹後北部の一色家が明智軍に味方することを表明していたんだ。

一方、羽柴軍と明智軍が激突したのは、京都と大坂の境目あたりで、距離が離れていたの。
細川藤孝が軍を率いて南下してしまうと、無防備になった本拠地を、明智派の一色家に襲撃される可能性があったんだ。

逆に一色家側も、細川家がいることで京方面へ進出することができず、細川家と一色家がにらみ合っている間に、山崎の戦いは始まり、決着するんだよ。

細川軍は何もしなかったにもかかわらず、光秀を勝ち取った秀吉は絶大な感謝を受けたと言われているの。
その後、細川藤孝は秀吉の家臣として尽力していくことになるよ。

 

将軍レモン
将軍レモン
喪に服すと言って中立をとった細川氏は上手いことやりますわ。
レモン姫
レモン姫
実際、それが元で敵も動けず。。秀吉に運もあったのかもしれませんし、何かしらのやり取りが実はあったのかもしれません。
足軽レモン
足軽レモン
ともあれ、細川藤孝は明智光秀と共に戦わずに死なずに死んだわけ〜

レモン姫
レモン姫
細川藤孝は、この騒動の後も生きて生きて、、、77歳まで長生きしますわよ♪ チャンチャン♪