「しゃちほこ」って何なの?そもそも何の意味があってお城にあるのかな?
2020年2月24日
大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀のゆかりのお城と場所はどこ?
2020年2月24日

大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀ってどんな人だったの?

PD from wikipedia

将軍レモン
将軍レモン
上の絵は、恵林寺を焼こうとするのを諫めた明智光秀を打ち据える織田信長の錦絵(新撰太閤記)だよ。

明智光秀は、本能寺の変を起こした人物であり、織田信長を倒した…このくらいの知識しかない人って多いはず。

今年はせっかく大河ドラマで明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」が放送されているから、明智光秀についてもっと詳しく知りたいっていう人も多いんじゃないかな。

将軍レモン
将軍レモン
せっかくなら明智さまの事、もっと知りたいよね♪

ここでは明智光秀がどんな人だったのか、分かりやすく解説していくね♪

 

【明智光秀はどんな人物だった?!】

実は、明智光秀は出身地が分かっていないんだ。所説あるものの、美濃国、近江国(岐阜県)などの説があるよ。

また、生年月日もよくわかっておらず、1516年、1528年、1540年説などがあるの。
死亡年月日は1582年6月13日で、本能寺の辺で信長を討ち、数日後に山崎の合戦で羽柴秀吉軍に討たれたんだ。

 

明智光秀は斎藤道三に仕えていたものの、道三が滅びた後は浪人となって、色々な場所を転々としていたよ。
この時に、鉄砲などの最新技術や、和歌などの教養を身に着けていったんだ。
光秀は秀才で、頭の回転も早く、品のある人だったと言われているよ。

足軽レモン
足軽レモン
頭も良さそうだものね〜♪

【織田信長との出会いとは】

明智光秀は1569年から織田信長の部下になったんだ。

信長は、光秀の頭のよいところ、物知りなところを気に入ったよう。
光秀は織田信長に仕えながら、比叡山延歴寺焼き討ちや長篠の戦いなどの有名な戦にも加わっていて、政治の面でも大活躍。

1570年の金ケ崎の戦いでは、木下秀吉と共に決死の殿を全うして、信長を救う活躍を見せるんだ。
武功だけではなくて、光秀は軍事パレードや京都お馬揃えなどの運営責任者として成功に導くよ。
信長の部下の中でも、光秀はどんどんと出世して、34万石持ちの大名に出世したの。

レモン姫
レモン姫
どんどん出世していくのがすごいわ♪

そのあと1582年に本能寺にて信長を襲い討ち(本能寺の変)、信長を自害へ追い込んだんだ。
そのわずか13日後に同じ信長に仕えていた羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に山崎の戦いで敗れ、死亡してしまうという波乱の人生を遂げるよ。

忍レモン
忍レモン
たった13日で。。。

明智光秀は織田信長に出会ったことで、人生が光り輝き、そして暗転してしまうんだ。
彼は自分の努力で道を切り開いて、戦後の世の先頭グループを走った実力者であるものの、織田信長に人生を左右されてしまう悲運の人なんだよ。

【明智光秀が起こした本能寺の変とは?】

本能寺の変は、1582年に明智光秀が主君である織田信長を裏切った事件のこと。

社会の教科書にも載っているから、歴史に詳しくない人でも、本能寺の変は知っているという人も多いはず。

将軍レモン
将軍レモン
信長もびっくりだぞ!

近畿地方を支配下におさめつつあった信長は、中国地方も自分のものにしようと考えたんだ。

そこで羽柴秀吉らを向かわせ、光秀も秀吉らとたたくために自分の軍隊を丹波まで進めたんだけど、突然軍隊を引き返して信長がいる本能寺に襲いかかって、信長に大きな傷を負わせたよ。
この時、100名ほどの近習だけに守られた信長は、光秀の1万3000の軍には到底かなわず、寺に火を放って自害するんだ。

【なぜ光秀は信長を襲った?!】

光秀がなぜ主君である信長を襲ったのか、その理由は明らかではないの。

光秀は日頃から信長に恨みを抱いていた…、自分が天下を取りたかった…、秀吉や家康と手を組んでいた、足利家や朝廷に頼まれていた…など諸説あるけれど、真相は闇の中。

光秀は信長が小さいころから仕えていたわけではなく、色々な人のもとを渡り歩いていたし、信長軍の中では新参者だったからどの説も当てはまるかもね。

信長は気性が激しい性格だったから、光秀に日頃からつらく当たり、その怨恨があった。とも言われているよ。

レモン姫
レモン姫
信長さまは、今でいうパワハラが凄そうですものね!

【山崎の合戦とは?】

本能寺の変で、信長に討ち勝ち、天下を取った光秀。

けれど、その天下はあっという間に終わってしまうんだ。
光秀が天下をとったのはわずか13日間であったと言われているよ。

羽柴秀吉は信長の訃報を聞いてすぐに毛利氏と和睦し、中国地方から京都までスピードで引き返す中国大返しを実行したんだ。
光秀軍は京都の山崎で秀吉軍と激突したんよ。これが世で言う、山崎の合戦。

光秀が当てにしていた細川氏などの武将たちは、光秀に全く従わず、秀吉軍3万軍、光秀軍1万3000軍の兵力の差で、光秀軍は敗北したんだ。
坂本城を目指して敗走した光秀は、途中落ち武者狩り重傷を負ってしまい、生涯を終えることになるよ。

足軽レモン
足軽レモン
味方だと思っていた人たちにさらに裏切られた感!

【光秀の性格は?裏表のある人物だった?】

光秀はとても優秀だったから、信長から重宝されていたんだ。

武功だけではなく、熟練の猛者たちを使いこなす、築城に造形が深く、優れた城づくりの手腕の持ち主でもあったよ。

ただ光秀は、裏切りや密会が好き、主君とその恩恵にあずかることをわきまえるなど裏表のある人物でもあったんだ。
途中から信長に仕えたこともあって、他の武将たちからは一線を引かれていたそう。
山崎の合戦で、細川氏たちの武将から味方されなかったのは、光秀の人間性をよく思っていなかったからかもしれないね。

将軍レモン
将軍レモン
もし山崎の合戦で光秀が勝っていたら歴史はまた違っていたはず。今回の大河ドラマでどう描かれるか楽しみでもあるね。。