お城一覧

越前大野城
2020年2月9日
一乗谷城
2020年2月9日

金ヶ崎城(敦賀城)

公式ホームページへ

かつて福井県敦賀市金ヶ崎町にあった金ヶ崎城。
南北朝時代から戦国時代まで多くの武将たちが闘いを繰り広げた舞台として知られています。

別名「敦賀城」。
敦賀市北東部の敦賀湾に突き出した金ヶ崎山に築かれました。

平安時代末期、「治承・寿永の乱」の際に平通盛が築城。
新田義貞率いる新田軍が足利軍と戦った古戦場として有名。

1570年(元亀元)に起きた「金ヶ崎の戦い」では、
織田信長が豊臣秀吉、徳川家康らと共にこの城で朝倉義景軍と戦いました。
浅井長政に裏切られた織田信長が、命からがら逃げだした撤退戦
「金ヶ崎の退き口(金ヶ崎崩れ)」の舞台でもあります。

1934年(昭和9)、国の史跡に指定。
現在は金ヶ崎城跡として整備されており、月見御殿(本丸)跡、木戸跡、曲輪、堀切などが残ります。

 

写真提供

wikipedia (PD, CC – 著作権名は画像に記載)

 

〒914-0072 福井県敦賀市金ケ崎町1

 

・御城印の入手場所

金ヶ崎宮 社務所

300円

 

2007年(平成19)、日本の歴史公園百選に選定。

金ヶ崎城跡の麓に1890年(明治23)に建てられた「金崎宮」は、
恋愛成就や縁結び、難関突破のパワースポットとして人気。
花換まつりと呼ばれる神事で「花換え」をしたカップルは将来幸せに恵まれるという言い伝えが。

約1000本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所でもあります。

NHK大河ドラマ『利家とまつ』『功名が辻』の舞台。

ログイン

パスワードを忘れた場合