横須賀城
2020年2月10日
高天神城
2020年2月11日

掛川城

公式ホームページへ

かつて遠江国佐野郡掛川(現在の静岡県掛川市)にあり、日本100名城の一つである掛川城。
別名「懸川城」「懸河城」「雲霧城」「松尾城」。

主な城主は朝比奈氏、山内氏、太田氏、石川氏。

1469~1487年(文明年間)、駿河の守護大名・今川氏が遠江進出の拠点として、
家臣の朝比奈氏に命じて築城させました。

1590年(天正18年)に豊臣秀吉の命により、山内一豊が5万1千石で入城。
10年間居城し、天守閣や大手門の建設、大規模な城郭改修を行っています。

太田氏が城主の時に安政東海地震で大半が倒壊。
この後、二ノ丸御殿は再建されたものの、天守は再建されませんでした。

1871年(明治4年)廃城。

1994年(平成6)、日本初の本格木造天守閣として復元されました。
現在は掛川城天守閣として一般公開されています。

 

写真提供

wikipedia (PD, CC – 著作権名は画像に記載)

〒436-0079 静岡県掛川市掛川 1138-24

 

・御城印の入手場所

二の丸御殿 入口

掛川南部観光案内処(プラザ大須賀内)

300円

掛川三城物語として

– 掛川城・高天神城・横須賀城 の御城印も販売されています。

JR掛川駅構内の掛川観光協会ビジターセンター

掛川南部観光案内処(プラザ大須賀内)

3枚セットの場合は、800円

映画『雨あがる』『雷桜』『二宮金次郎』『必死剣鳥刺し』

NHK大河ドラマ『功名が辻』のロケ地として。

漫画『名門!多古西応援団』『シュート!』
アニメ『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました』の舞台に。

二ノ丸御殿は全国でも希少な完存御殿建築遺構で重要文化財にも指定されています。

ログイン

パスワードを忘れた場合