牛久城
2020年2月6日
飛山城
2020年2月6日

東林寺城

公式ホームページへ

かつて茨城県牛久市にあった平山城の東林寺城。
別名「新地城」。

岡見氏によって1558〜1570年(永禄年間)に築城。
牛久城と並び岡見氏および後北条氏の拠点として用いられていました。

『小田氏治味方地利覚書』によれば、1566年(永禄9)の時点では城主が近藤治部であったと推測されます。
『岡見氏本知行等覚書写』により、天正10年代には再び岡見氏が城主であったと推測。

詳細は不明ですが、小田原征伐の際に廃城になったと考えられています。

現在は東林寺城跡として整備されており、主郭から二郭〜四郭の遺構が残されています。
また、各郭の間に設けられた土塁や空堀も現存。

1486年(文明18)、岡見氏が建立した東林寺も城跡の敷地内にあります。
かつて東林寺城の主郭付近にあった東林寺城跡五輪塔も移設されており、市の指定文化財となっています。

 

写真提供

wikipedia (PD, CC – 著作権名は画像に記載)

〒300-1225 茨城県牛久市新地町17

 

・御城印の入手場所

芋千

330円

 

ログイン

パスワードを忘れた場合