垂水林之城
2020年3月8日
加世田城(別府城)
2020年3月8日

恒吉城

公式ホームページへ

恒吉城の築城年代は不明とされていますが、恒吉大膳亮が築城したといわれており、鎌倉時代と推定されています。

応永年間(1394~1428)、山田式部少輔忠通が城主となり、天文年間(1532~55)まで山田氏が城主となっていました。

城内には、曲輪・土塁・虎口・畝状竪堀群の遺構があり、戦国期最終末期頃の南九州型と呼ばれる群郭型の城郭と言われています。

慶長4年(1599)、庄内の乱の際には、島津図書忠長、樺山久高、柏原将監が3,000人を率いて恒吉城を攻撃したとされていますが、城壁堅固だったと言われています。

庄内の乱の終結後、恒吉は島津直轄地となりました。
 

〒899-8424 鹿児島県曽於市大隅町恒吉

 

・御城印の入手場所

宙の駅(通販でも購入可能 / 令和元年時点の情報)

300円

 

鹿児島県の御城印は

・御城印の入手場所

宙の駅 

にて通販でも購入可能なため一気に揃えることも可能です。

 

ログイン

パスワードを忘れた場合